【オーストラリア英語】2017年|まとめ


これはこれから英会話を習得する初心者の方に向けています。


こんにちは!Macです!

今回はオーストラリア英語について僕の経験からどんなものなのかということを中心に書いていきます。

その違いを知らずして関わり困ったことなども共有できたらと思います。

shutterstock_226273351-600x375

 

最近、たこ焼きが食べたすぎてとんでもないことになりそうなMacなのですが、なかなかたこ焼き屋さんって街を歩いていてもあまり見かけないですよね。。

 

大好物の僕の身からするとショッキングな出来事ですわ笑

 

いずれは東京でたこ焼きを食べるのではなく、大阪で本場のたこ焼きを食したいなと試みているところです。。。笑

 

 

さてさて、本題に入っていきますね!

 

結構、こんなこと聞いたことありませんか?

 

英語は英語でもオーストラリア”“アメリカ”“イギリスでは色々と違いがあると。

 

そして、オーストラリアの英語は“訛”と言われることもよくありますよね。

 

いったいそう言われる英語ってどんなもんなのか。

 

このことに触れる前に先にどうしても書きたいことがあるので、そっち先に書きますね!

 

皆さんが一番、学生の時から聞いたことのある英語って何だと思いますか?

 

おそらくここの英語が一番聞き慣れているものかなと思います。

 

それは“アメリカンイングリッシュ”なんですね。

 

僕たちはその英語が基準となってしまっているので、オーストラリア英語を聞くと違和感を感じてしまいます。

 

それがいわゆる“訛”と言われている原因なんです!

blogpostbanner

知っている英語とは違う発音を聞くのでこれは訛なんだと判断しいるんです!!

 

オーストラリアからすれば、アメリカが標準語でもないので、訛という扱いにするよりもオーストラリア英語という一つの英語として捉えてほしいです。

 

どの国の英語が好きかは人それぞれで違うので、好きな英語を極めて行くことが良いのではないかなと思います

 

さあ、そんなオーストラリア英語ですが、本来は“Aussie English(オージーイングリッシュ)”と言います。

 

僕がオーストラリアに行ったときにまあ最初は簡単な単語でもわからなくなりまたね笑

 

例えば

Monday(マンデイ)→(マンダイ)

mate(メイト)→(マイト)

Name(ネイム)→(ナイム)

 

Aの発音が(アイ ai)の発音に変わります。

 

普通なら難なく聞き取れるこれらの単語ですら、よくわからなくなってきますし、なにより今まで習ってこなかった発音になります。笑

 

そして、これも特有な発音かもしれませんが、語尾にieの発音を付けるというところです。

 

Australia(オーストラリア)→Aussie

breakfast(ブレイクファスト)→brakkie

 

というような感じです。

 

 

これらも実際に知らなかったら戸惑いますよね。

 

このように英語は英語でもかなり発音や言葉に違いがあるんですね。

 

もちろん、これらの発音がださいと感じる人もこの独特な発音が好きな人だっています!!

 

しかし、確実にオーストラリア英語に染まるには相当な年月が必要になると思います。

 

僕の友人で3年オーストラリアに行っていた人がいますが、実際、全然オーストラリア英語は使っていなかったりするからです。

 

そして、時代もあるのでしょうか。

 

こういった発音や言葉は年配の人に多くみられました。

 

若い世代はこういう独特の表現をしないで、会話をしたりしていたのでおそらく年月が経つに連れて使う人は少なくなってきているのかなと思います。

 

どちらかというとイギリス英語に近いかもしれませんね。

 

そう考えると、すごく貴重な言語と言えるでしょう笑

 

アイキャッチ2

 

なので、オーストラリアの英語が嫌いだったとしてもしっかりとした英語が鍛えられるはずです!

 

環境をものすごく綺麗な場所なので、僕的には旅行でも留学でもどちらで行っても良い時間が過ごせると思いますよ♫

 

留学でも観光でも確実に楽しめる土地はこちらです→→→

ここに行ったらまあオーストラリアが好きになると思いますよ笑

 

僕自身どれだけ住みたいと思ったかって話です笑

 

結果、英語は英語でも様々な特徴がありますが、オーストラリアに行ったからといって確実に染まるわけではないので、正直そこまで心配になる必要もないかなと思います。

 

ただ、不意に使ってくる場面もあるのでその時は困惑するでしょう。

 

でも、そういう体験も思い出の一つです

 

オーストラリアでしか体験できないこともたくさんあるので、行って全然損はないと思います!!

 

今回のブログが面白かったという人、参考になったという方いましたら、

 

是非、僕に直接感想を送ってください♫

 

面白かった!でも、オーストラリアの話もっと聞かしてくれ!でも何でも構いません!!

気軽にお願いします♫

<<<<<Macに直接聞いてみる>>>>>
   友だち追加

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

SNSでも最新の記事をいち早くキャッチできるのでこちらもフォローお願いします♫

Facebook

facebook

Twitter

twitter

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中