TOEIC300点台の僕が外国人と楽しく話せた理由|2018版


これはこれから英会話を習得する初心者の方に向けています。


 

こんにちは!Macです!!

 

今回はTOEICの点数300点台なのに外国人と出会い。仲良くなれる理由

 

TOEICの点数と英会話は関係ないというところを踏まえて書いていきます。

tOEIC.jpg

 

そういえば、こないだとあるラーメン屋に行ったんだけども、、、

 

そこのラーメン屋は席が約10席あるんですけど、満席で僕以外日本人が1人もいないという

面白い状況になりました笑

 

思わず日本だよね?笑って聞きたくなるような空間で食べてて面白かったです笑

 

 

 

さてさて、早速本題に入っていきたいと思います!

 

ところで、あなたは英会話力を高めたいと言ってTOEICの点数を高めたりとしていませんか??

 

結論からいうと、それは直結には関係しておりません。

 

そのことは僕が証明していますし、これからそれってどういうことかをじっくり書いていきますので、最後まで読んでもらえたらと思います。

 

僕自身のTOEIC事情から話してしまいますと、僕は300点ちょっとのスコアしか持っていません笑

 

低っ!!って思われてもしょうがないことなんですが、事実です笑

 

少し言訳を言ってしまうと、途中からものすごい寝てしまうんですよね。。笑

 

まあ、寝なくても点数は取れる気がしませんが。。

 

TOEICの点数だけで見られると僕はかなり英語ができない人のように扱われるでしょう。

 

実際、TOEICの点数が取れなくて悩んだことは一度もないので、良いですが笑

 

しかし、外国の方の友達や外国の方とコミュニケーションを取ることは好きですし、問題ないです。

 

ここには矛盾しているようなイメージが持たれますが、なんでこういう矛盾しているようなことが起きるのか。

 

そもそもTOEICってなんでしょうか。

 

 

受けている方に変な意味ではなく純粋に質問したいのですが、

 

 

なぜ、TOEICを受けるのでしょうか?

 

 

文面の質問になるので、色々な意見が聞けないことが非常に残念です。。

 

1

 

おそらく、多いのは、今後に役立つからという理由と持っていて損がない資格だから

 

といった理由が多いと思います。

 

 

僕もTOEICを極めていたら、その理由を言うでしょう。

 

もしくは、点数高い方がかっこいいからですかね笑

 

 

たしかに、社会的に見れば、TOEICの点数はその人の英語力を判断する最強の材料として扱われるだろう。

 

例えば、教員のように自分の英語力が売りになる職業は持っていないとどうしようもないです。

 

教わる側からすると、やはり英語力が高い先生に教わりたいものだと思います。

 

しかし、TOEICにはその他に力があるかどうかというと限りなく、低いです。

 

TOEICを高めることと英会話力が比例しないのは、そもそもこの2者では学ぶことが違ってくるからです。

 

ただ。誤解してほしくないことがTOEICが英会話力に全く反映しないという訳ではないです。

 

あくまで、点数と英会話力が比例しないのです。

 

そして、僕がTOEICの点数が低くてもこうコミュニケーションが取れたのにも僕だからとかではなく、

 

 

タイプがこっち寄りだったという理由だけです。

 

 

恥ずかしさも感じずに、知っている英語をふんだんに使い、聞き取れなくてももっかい聞き直したり、やっていることが完全に英会話力を上げるやり方をしていました。

 

shutterstock_589363106.jpg

 

そうすると自然とTOEIC対策はできていないけど、TOEICで点数を取っている人よりもそういった場面に慣れてしまうのです。

 

英語だからといって同じに考えてしまうとごちゃごちゃになり半端な状態になってしまうので、

 

自分が何を高めたいかを再確認することで、やるべきことが変わってきます。

 

 

TOEICの点数を上げることと英会話力を上げることというのは、似て似つかないものだということを再度ここでお伝えしときます。

 

 

なにより、英語を学ぶ時にどの方向性だろうと共通して大切にしてほしいことがあります。

 

 

ここさえあれば、余計なことを考えずに、成長できると思います。

 

 

 

そのあなたに大切にしてほしいことというのは→→→

 

 

 

ここは必ず意識してほしいことですし、大切にしてほしいです。

 

 

継続力にも繋がることなので、是非僕からおすすめしたいポイントです。

 

 

その意見よりも力があると思いますよ。

 

 

 

今回のブログが面白かった!ためになった!という方!是非、僕に直接コメントをください!!

 

この内容に関してでも、今の英語事情についてでも何でも構いません!!

 

気軽にどんなことでもいいのでコメントお待ちしてます♫

 

<<Macにコメントを送ってみる>>

友だち追加
SNSでも最新の情報をいち早くキャッチできるので、こちらもフォローお願いします!!

Facebook

facebook

Twitter

twitter

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中